previous arrow
next arrow
Slider

住宅ローンのいろいろ

住宅ローンは35年ローンが一般化しつつあります。金利の種類により、「変動金利型」、「固定金利選択型」、「全期間固定金利型」と大きく3つのタイプに分けられます。現在住宅ローンを利用する人の半数以上が「変動金利型」を選んでいます。社会と市場の状況に合わせ、利率は最も低く設定されますが、支払いの途中で住宅ローンの利率が変動します。年に2回、6ヶ月ごとに金利が見直され、利率が上がると利子も増えるために返済額が増加します。銀行等も金融機関にとってリスクが少ない変動型は、金利など経済動向に敏感でありその見極めが判断出来る場合は有利だといわれています。

「固定金利選択型」は金利の固定期間を3年、5年、10年などのなかから選択し、選んだ期間の終了後、あらためて固定期間を設けるか、変動制に移行するかを選択します。選択した固定期間が長くなるほど金利は高くなります。変動型の金利が上下しても、すぐに返済額が変動しません。返済額は期間ごとに見直されます。そのとき金利が上がっていれば返済額も上がりますが、それまでの返済額が上がる上限は125%とされ、例えば、毎月の返済額が20万円の場合、見直し後の返済額の上限は25万円となります。結果としては返済額が当初の予定より増加してしまう可能性もあり得ます。

ローン返済期間中の金利がずっと固定されるのが「全期間固定金利型」です。金利が固定されているので、返済額も変わりません。金利はマーケットの長期金利などを基準に決められます。金利は高く設定されますが、経済状況や社会情勢に左右されないので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。はじめに借りるとき金利が適用されるので、タイミンクをみきわめることが重要になります。